大阪 堺市 歯科は香川金岡歯科医院。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪 堺市北区 歯科 香川金岡歯科医院

酸蝕歯

こんにちは★

香川金岡歯科医院です。

 

皆さん酸蝕歯って聞いたことありますか?

今日は酸蝕歯について書きます。

 

一見、健康そうな歯も"酸蝕歯"かもしれません・・・

 

歯の酸蝕とは?

健康にいいとされている酸を含む飲食物を摂り続けることによって

酸がエナメル質を弱体化させ、歯を薄く弱くし、白さを失ってしっまた歯のことです。

 

誰もが"酸蝕歯"になる可能性があります。

老若男女を問わず、成人の6人に1人が"酸蝕歯"であると報告されています。

 

"酸蝕歯"の主な原因は?

食べ物や飲み物に含まれている"酸"

ワイン・果実酢の愛飲者

ついついレモンなど柑橘類をかじる方

お酢や菜食主義者

ビタミンC剤などを摂取する方などに多いようです。

 

歯の酸蝕が進むとどうなっていくのか・・

象牙質が露出し、象牙細管が開口した状態になり

"知覚過敏"が生じます。

 

なんとなくお分かり頂けたでしょうか?

 

*酸蝕歯の判定には素人判断では難しいです。

 確実な判定は専門家の診察が必要です。

 

色んな意味で定期健診の大切さを

一人でも多くの方に知って頂きたいです。

 

皆さんのちょっとした心がけと正しい知識で歯を長生きさせましょう。