大阪 堺市 歯科は香川金岡歯科医院。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪 堺市北区 歯科 香川金岡歯科医院

インプラント Q&A

 

Q.インプラントとは何ですか?

 

A.インプラントとは、あごの骨に人工の歯の根を埋め込み、その上に人工の歯を固定する歯科の最先端医療技術です。歯が1本だけない場合から全部ない場合まで広く応用されています。人工歯根の材料は"チタン"という金属で骨を強く結合する性質があります。そのため、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。インプラントが"第二の永久歯"と呼ばれる由縁です。

 

 

Q.インプラントは年齢に関わらず、どんな人にもできるのですか?

 

A.年齢的にあごの骨が完成する20歳前後から、健康な方であればインプラント治療は基本的に誰でもおこなえます。ただし、抜歯などの場合と同じよう、心臓病・糖尿病などの持病がある方、体調の悪い方、妊娠中の方、骨粗鬆症の疑いがある方は、治療ができない場合があります。また、あごの骨の状態によってもインプラントの適否が左右されることがありますので、事前に十分診査診療を受ける必要があります。

 

 

Q.インプラントはどのくらいもちますか?

 

A.あごの骨に埋めたインプラント自体の耐久性は、半永久的に安定した状態を保つことができます。ただし、口腔衛生状態、全身疾患、骨密度などの原因により必ずしも一生持つとは限りません。すなわち、ご自身の歯と同様に毎日の歯磨きや定期健診が、インプラントの寿命を延ばすことになります。当医院では6ヶ月に1度のメンテナンスをお勧めします。

現在、失った天然歯に代わるものとしては、最も機能的に天然歯に近く、信頼性の高いものであることには間違いございません。