大阪 堺市 歯科は香川金岡歯科医院。インプラント、審美歯科、矯正歯科、歯周病(歯槽膿漏)治療など
大阪 堺市北区 歯科 香川金岡歯科医院

「よくある質問」~治療中・治療後について~

 

治療が終わった後も検診をしたほうがいいのか・・・

 

治療が終わった状態を長く維持していくことが大切です。

間隔は個人の口腔状態によって違いますが、月に一回検診していただくことが望まれます。問題がないとどうしても、忘れがちですが長い目で見ると検診は有効な手段です。

 

 

通院は、毎日したほうがいいのか・・・

 

治療回数は、虫歯の本数や治療内容によって、ある程度来院日数が決まってきますので、続けて来院されたほうが、治療終了するまでの期間が短くなります。また、歯に根を治療しているときは、あまり期間があきすぎると再感染、歯牙破切などの恐れがあるので、続けて来院されるほうが良いでしょう。

歯の型をとったあとは、出来上がるまで他の治療がなければ来院の必要はありませんが、次の予約までに痛みや異常があった場合は、迷わず来院して下さい。

 

 

治療済みの歯も虫歯になるのか・・・

 

治療済みの歯があっても、日頃の歯磨きがおろそかになっていれば虫歯になることがあります。とくに古くなった、かぶせ物や詰め物には間隔ができ、その境目から少しずつ進んでいくため、目につきにくい部分から、虫歯に進行していきます。

もし、神経を抜いている歯があれば、虫歯になっていても痛みを感じない場合が多く、気づいたときにはかなり進行している場合が多くあります。そうならないよう、日頃のお手入れと定期的な検診はかかせないでしょう。

 

 

治療後、食事をしてもいいのか・・・

 

・麻酔をしている場合

 麻酔の効果がなくなった後(2~3時間後)食事をしてください。

 

・ホワイトニングをした場合

 食事をされるのは問題ありませんが、24~28時間は着色しやすい状態なので

 コーヒー、タバコ、カレー、赤ワインなど色のつきやすいものは避けるようにしてください。

 

・歯を削っている場合

 歯を削った後、かぶせ物や詰め物が出来上がるまでの期間は、仮の封をしています。

 しかし、歯質が薄くなっている場合があり、通常よりも割れやすい状態になっているので

 あまり硬いものを噛まないようにしてください。

 すぐに食事をされてもかまいませんが、仮の封はくっつきやすい素材でできていますので

 ガム、キャラメルなどの粘着性のものを避けてください。

 

 

歯